プロポリスの健康・美容効果一覧

原産国から選ぶプロポリス

プロポリスはミツバチが集めてきた植物などの化合物で構成されている健康食品です。
つまり、ミツバチが住んでいる地域に自生している植物によって、プロポリスの中身が異なるのです。
プロポリスの産地は、ブラジル、オーストラリア、中国、アルゼンチンなどがあります。

どの産地のプロポリスが優れていると一概にいうことはできません。
その理由は、この地方のプロポリスは抗がん作用を持つ成分が多く含まれている、この地域のプロポリスは抗炎症作用が強い、など期待できる作用が異なるからです。

それでは、産地別のプロポリスの特徴を見ていきましょう。
良質なプロポリスが採れる国といえばブラジルです。
ブラジルには豊かな密林があり、プロポリスの原料になる薬効の高い植物が多く自生しています。
この地域にはバクテリアやウイルスが多く存在しているので、ミツバチにとってとても過酷な環境です。
ブラジルのミツバチはキラービーという種類で、病気が少なく繁殖力が非常に高いハチです。
過酷な環境だからこそ、外敵から巣を守るために質の高いプロポリスがつくられるのです。

殺菌作用の強いプロポリスが採れる国がオーストラリアです。
オーストラリアのプロポリスには、ユーカリが多く含まれているので殺菌作用がとても強力です。
ユーカリ油にはシネオールやピネンという、殺菌作用、鎮痛作用、解毒作用がある成分が含まれています。

フラボノイドの含有量が多いプロポリスが採れる国が中国です。
中国のプロポリスはポプラ系樹木が原料になっているので、フラボノイド含有量がとても多いです。
中国産と聞くとあまりいいイメージをもたれない方がほとんどですが、商品の生産管理を徹底している商品もあるので、購入をお考えの方は商品の情報をきちんとチェックできる商品を購入しましょう。

どの産地のプロポリスにもいえることですが、一番重要なポイントは商品の安全性です。
良質なブラジル産プロポリスと謳っている商品の中にも、粗悪品が紛れ込んでいるケースもあります。
信頼できるメーカーの商品を購入すると、安心して飲み続けることができます。

↑go to top